最新の記事
☆ラジオ出演のお知らせ☆
at 2017-08-15 15:09
次回の個展
at 2017-08-01 19:55
ひさしぶりに
at 2017-07-25 15:00
旧岩崎邸庭園
at 2017-07-22 15:00
ジブリシリーズ
at 2017-07-20 10:17
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ベトナム日記
c0161763_11243568.jpg

c0161763_11243552.jpg

街歩きにも慣れて街散策に出掛けました。

旧正月の前で、市内の雑貨屋さんには飾り物様に仕立てたお菓子や花がたくさん並びます。
バリ島でもそうでしたが、大きな箱や缶入りのお菓子はお礼や、お祝いのプレゼントに喜ばれます。
このお菓子盛りのイメージは、両手に抱えたぐらいの豪華な花束、その数々の花を缶や箱入りのリッツやキットカット、マリーのお菓子に変えた様な感じです。
スーパーでも山積みで売っていました。

お菓子といえば、ベトナムではたくさんの手作りお菓子が道端で買うことがてきます。
実演販売もあって、おじさんや、おばさんが道路にしゃがんで、ビニールに入った様々な焼き菓子、揚げ菓子を売っていたりします。

地元の人は何時でもぶらぶらしていて道で何かしら食べているような感じでした。

そのお菓子の中で、
小さな丸いカステラの様なのがあった!食べたい!
と母が呟きだしました。

母、命名のマイストリート(ドンコイ通り)にそれらしき物を売っているおばさんを発見!
舗道にしゃがんでいる小さいおばさんの手元にはワッフル、丸いカステラ、正方形の茶色のシートがザルの上に並んでいました。
これはカステラ?
と聞くとすぐに一つくれました。まさに昔のお菓子。あんまり甘くない鈴カステラ。そして謎の茶色のシートを裂いて、
食べてみなさい。
と言われて食べると、母と二人で
バナナ!
と叫びました。おばさんはニカッと笑って今度はワッフル作りを実演!

びっくりしていて見えなかったけど、きっと小さなコンロがあったのかしら。ワッフル型の鉄板に薄く種をひいて作り始めました。

これにはホント感心しました。
こんな小さな90センチ四方で、商売はできるんですね。驚き。
私のお友達で屋台珈琲(出茶屋さん)がいますがおばさんを連れていきたい気がしました。
[PR]

by umistar | 2015-02-08 11:24
<< ベトナム日記 ベトナム日記 >>